--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
11.23

毎週の病院通いと胎嚢確認

Category: 妊娠   Tags:妊娠不妊治療
5週と3日を境に、胎嚢が出てくると言われていたのに、私のベビーちゃんはなかなか出てきてくれませんでした。

そのたびに、HCG(妊娠しているときに出るホルモン)を調べました。

毎回行くたびに5000円は飛んでいたと思います。

でも心配だから週に2回は通っていました。

注射とエコーで気持ち的にも「本当に妊娠しているの?」という疑問に変わってきました。

数値でしか、妊娠が分からない。

目に見えないだけに辛い。。。

つわりも始まり、からだは確実に妊娠していると変わってきているのに…。

酸っぱいものがやたら食べたくなり、逆にコーヒーなどミルクが入っているものはダメになりました。

においに敏感になり、普段は好きで使っているフレグランス的な柔軟剤もNG,,,

基礎体温は相変わらず37℃台をキープ。

胎嚢が出てこないので、

受精&着床が単純に遅れているか、

子宮外妊娠か、

流産か、

この3点を言われました。

妊娠しているってこの間言ったのに、もう流産??

なんて事を言うんだと正直悲しかったです。

超音波技師さんに、

「このチャンスは絶対生かさないとね!」

とも言われていました。

3回目のエコーの時に、子宮内に点が見えた時は心からほっとしました。

おなかにいるんだ。

子宮外じゃない。

ちゃんと着床できたんだね。

良かったね。

って心から思いました。

「はじめてのたまごクラブ」(初めてじゃないけど9年ぶりなので)を買って、

今は神経や、脳が作られているんだね〜なんて夫と話しました。

持病の薬は妊娠判定後に断薬しました。

これも辛かったです。

急な断薬は精神的にも悪影響で、夫に当たりまくり、何で私ばっかりこんな目に遭うの?って何度当たったか分かりません。

気持ち悪いし、赤ちゃんの成長は遅い。気持ちがグルグル悲観的な方向にまわり、それでネットで調べて落ち込む。

悪いサイクルでした。

ごめんね。

初めて見えたあかちゃんの袋は8ミリ。

本当に嬉しかったなあ。

securedownload_convert_20121106221641.jpg

GSが胎嚢のことで、あかちゃんの袋です。

もっと週数が進むと、この袋の中に胎芽と卵黄嚢が見えてくるはずでした。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ringostarblog.blog78.fc2.com/tb.php/655-40b35ef4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。