--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
11.21

陽性判定から流産まで*1

Category: 妊娠   Tags:日々妊娠育児
結果、稽留流産となってしまいましたが、約8週おなかにいた子のために記録を残しておきたいと思います。

たとえ小さくても私には待ちわびたいとしい「我が子」です。

*****

体外受精のあとの卵の状態はいいことが多いとかかりつけ医が言っていたので、病院へ行くとひとつ主席卵胞が育っていました。

私にしたら奇跡です。

いつもは、小さい未熟な卵ぽうがある程度。

今回は12ミリまで育っており、1週間くらいで排卵するよと言われました。

基礎体温とにらめっこでだいたいの排卵日を定めて、タイミングを取りました。

そして生理予定日近辺。

いつもとは違う何かを感じて、検査薬を使いました。
DSC_0824.jpg

いつもは真っ白な検査窓に薄いピンクのライン。

信じられなかった。

嘘、嘘、うそ~~~。

妊娠してる???

次の日にも検査をするともっと濃くなっていったので、即病院へ電話をしました。

今回はHCG注射もしていなかったので、検査薬に反応が出るのは赤ちゃんがおなかにいるんだ!と本当に信じられなかったです。

どんなに科学の力を使っても授からなかったのに、自然に妊娠した。

かかりつけ医に

「あなたも妊娠できる力があるんだよ。良かったね。おめでとう!」

と言われ。

嬉しくて嬉しくて、ただそれだけでした。

高温期が18日続いていれば妊娠確定と言われ、エコーで見ると、子宮内膜は31ミリと厚く、確定判定を頂きました。

ただまだ4週と小さいので、胎嚢は見えませんでしたが…。

それでもいつもと違う、37℃台の熱、風邪っぽさなどが通常とは違いました。

夫婦で大喜びをしましたが、夫は慎重でした。

妊娠判定が出てからの方が毎日辛かったのは事実かも知れません。

毎回のエコーの度になかなか出てきてくれない胎嚢。

子宮外妊娠を疑われ、

毎日毎日ネットで調べて一喜一憂しました・・・。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ringostarblog.blog78.fc2.com/tb.php/654-3bf0cd00
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
- dot dot 2012.11.22 01:11
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。