--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.17

なかなかうまくはいかないね

Category: 治療   Tags:不妊治療体外受精
生理二日目から誘発剤を使って育てた卵の採卵を先月しました。

私は多嚢胞で、HMG注射で誘発したら、なんと左右で40個近い卵胞が育ってしまいました。

両方の卵巣がパンパンに腫れて、腹水までたまってしまってかなり苦しかった。

結局、ホルモン値が下がるのを待って採卵をしました。

40個近い卵胞を子宮の奥から針をさして抜くのですが、麻酔をしていても激痛でした。

40個のうち、成熟した卵胞は2つ。

ホルモン値が下がるのを待ち、採卵をしたので、その間に半分以上の卵がダメになってしまいました。

今回はHMGが強かったのでしょうね。

唯一2つ取った卵ぽうに精子をふりかけ、奇跡的に2つとも受精しました。

そして、分割もしてくれて、8分割した胚を私の子宮に移植しました。

グレードは1でした。(1は綺麗な分割の出来ている良いものです)

膀胱に水を入れて、子宮がたてになるようにし、移植。

綺麗な受精卵を見せてもらいながら、私の内膜に戻っていきました。

なんだか感動しました。

ここから、黄体補充の1日おきのプロゲストン注射と、デュファストンというホルモン剤を2週間飲み続けます。

黄体ホルモンなので、体は浮腫み、胸が張って大変〜。

そして判定日の採血はおとといでした。

結果は30欲しい値が私は10。

妊娠には厳しい数字でした。

体があつく、味覚もかわり、妊娠しているのでは?と期待しましたが、見事に玉砕…。

40万は吹っ飛びました。。。 .・゚・(ノд`)゚・.

まだ生理は来ていないので、リセット待ちです。

子宮内膜も26ミリといい状態だったのに、着床できなかったようです。

妊娠には4つのハードルがあり、

1、良い卵胞が育つ事。

2、受精すること。

3、受精卵が分割すること。

4、着床する事。

この4つをクリアーして妊娠に至ります。

今回は4番目で躓いてしまいました。

沢山泣きましたが、でも、結果は結果。

次に生かしていくしかないですね。

やっぱり赤ちゃんが欲しい。

またあのあったかい赤ちゃんを抱きたい。

治療が辛くても、仕事との両立が大変でも、あと2回はチャレンジするつもりです。

体外受精で授かるのは3割くらいだそうです。

3回トライして、ダメなら、あとは自然に任せたいと思います。

35から急激に下がる妊娠率。

私はまだ30代。

もうちょっとがんばろう☆

一緒に頑張ってくれた夫にも感謝したいです。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ringostarblog.blog78.fc2.com/tb.php/649-8affc173
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。