--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.18

クロミッド

Category: 治療   Tags:不妊治療体外受精
排卵誘発剤をDAY5から5日飲みました。

かなり弱い誘発剤です。

本日エコーで卵胞の育ちを確認したところ、主だって大きい卵胞はなく、大きくても46×35という小さな卵胞。

腫瘍が邪魔をして、大きく育てないそうです。

私の年齢、左右ともに膿腫があり、ホルモン値が異常を示すことで、医師にはステップアップを勧められています。

20代だったらこのままタイミングを見てって言えたけれど、私の場合、もう難しいと言われました。

ステップアップは、体外受精です。

卵巣から直接卵胞を吸い出し、人工的に受精をさせ、子宮に戻し、着床を待つ。

何より今までと違うのは費用面での負担がものすごい事。

それでも確率は30%弱。(成功報酬にしてほしい)

市からの助成金が1回につき、15万円出るそうです。

(私の市では年3回が上限)

それでも筋肉注射や医師による受精、移植をするために何十万もかかります。。。

色んなハードルがあって、まず良いグレードの卵が採卵出来るか、そして、受精をするのか、受精卵が分割をするのか、移植して着床できるのか、妊娠を継続できるのか。

これだけの事を乗り越えて妊娠、出産になります。

娘がどれだけの奇跡を乗り越えてやってきてくれたのか、いのちって本当に素晴らしいと思います。

今日言われた事が本当にショックと同様に、これからの事を考えなくてはならなくなりました。

そして1周期でも早い方がいいことも。

35歳を境に妊娠率は急降下。

体外受精の場合でもそうです。

卵の質につきると医師は言っていました。

妊娠することがこんなに難しい事とは…。

やるだけの事をやって、後悔ないようにしたいとは思っています。

タイムリミットは着々と近づいてきています。。。

スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://ringostarblog.blog78.fc2.com/tb.php/642-5acb6de1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。