--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.20

レーシック手術Part2

Category: レーシック   Tags:レーシック
前回の続き。

瞳孔が開き切ったところで、さらに目の光の屈折率、などを何度も調べて行きます。

瞳孔が全開で光の調節が出来ないので、眩しく感じました。

そのあと、麻酔の目薬をさして、目に棒?のような金属の棒を眼球の中央にあてて、

角膜の厚さを計測。

ここで薄いと手術自体がダメになるので、ちょっと緊張しました。

「痛いですか?」

と聞かれるので、

「痛いの?」と逆に思ってしまい、ちょっと体が固くなる。(笑)

両目に金属棒を当てて、計り、今度は眼球の長さ大きさを計りました。

そして、とりあえず待ち合い室に戻りました。

しばらく経ってから医師とのコンサルテーション。

すべてのデータを見て、わたしの目にはレーシック手術は出来るという事。

手術の説明などをまた教えて頂く。

感じの良い男性の医師でした。

後から知ったのですが、結構眼科では有名な先生らしく、信頼も置けるということも分かりました。

手術は早くて年内もOKとのことですが、夫に付き添いをお願いしたいので、年明けで調整することで。

料金も一括から金利なしのローンも組めるということで良心的でした。

心の中では、もう気持ちは100%固まっていて、手術にTryしようと思っています。

実際、ちょっと怖いですが。。。

術後、しばらくはサングラスなどで光を遮断し、目に水や汗が入らないように細心の注意とアイメイクの禁止。

睫毛エクステも取るように言われました。

最後に、自分の目のデータをもらって終了。

どれも平均値でした。

その後、そのまま買い物に行ったのですが、眩しい!!!

目を覆わないと眩しくて目が開けられませんでした。

&ピントもあわずによく見えない状態なので、付き添いの人が居た方が安心かも、です。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ringostarblog.blog78.fc2.com/tb.php/613-6e8df773
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。