--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
06.19

正社員への道

今働いているところで職員を募集しています。

「どうですか?」と上司に言われました。

憧れ!?の正社員です。

もちろんBonusも病気休暇、有給休暇もついてきて、共済年金にも加入できます。

すごく魅力的。

ただ。

勤務時間が8時半~17時15分までとはなっているけど残業はかなりあるよう。(お迎えに響く)

忙しい時期なので、事務所は土日も開けているので交代で土日出勤がある事もある。(娘との貴重な休みが合わなくなる。日曜なら娘の預け先がない。)

待遇は、今よりなかなか良いかんじなので、非常に心揺れています。

もし応募するなら、今の任期つきの仕事が終わり次第になります。

来週までに志望動機やその業界の展望について原稿用紙5枚分のレポートを提出しないといけません。

で も 。

まだ、早すぎる気もする。

もっとむすめが大きくなってからでもいいのかな。

でも、こういうのも縁だと思うし。

今の部署が8月29日までの勤務で、次の部署が9月1日からって何だか縁を感じる・・・。

子供が居なければ喜んで受けたい仕事だけど・・・。

どうしよう。



悩みます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ringostarblog.blog78.fc2.com/tb.php/347-fb697a9c
トラックバック
コメント
そっかー、正社員へのオファーがあったんだー。
確かに、いろんな面で正社員というのは魅力的だし、喜んで受けたいところだよね。
でも、子供が幼いと、なかなか自由が利かなくなっちゃうから、本当にそれは悩むところだよね。
私の母親はずーっと働いていたから、私は0歳から保育所に預けられてて、小さい頃は母親に仕事をやめて家にいて欲しいって思ってたけど、今になってみると、ずっと働いていた母を尊敬しているよ。
子供との時間を大切にするっていう選択もとてもいいと思うし、正社員になるっていう選択もいいと思う。
どちらにしろ、ringostarと娘さんがハッピーになるような選択をしてください。

pinokodot 2008.06.19 21:12 | 編集
ひさしぶり~。

ホント悩むんだー。残業もどれだけか分からないし派遣される部署によりきりなんだってさ。
とりあえず応募してみてあまりにもHardなら辞める選択肢もありかなって思ってるよ。

でもあさ、送りをして8時半はちょっとキツいなー。
9時Startが良いんだけどね~~~。

pinokoはそっちでも働くのかな?
日本人いっぱいいそうだしね。
ringodot 2008.06.19 21:41 | 編集
これは迷うね~v-39願ってもないオファーを受けるには,子育てのサポーターが充実してないとね~。実家のご両親や,隣人や,仙台にあるような【保育サポーター】みたいな存在は複数いるの~?どうしてもお迎えに行けない状況でお子さんが発熱・・・なんてことも保育時間が延びると出てくるだろうね。
ぜひぜひよい選択ができますようにv-22
saedot 2008.06.19 21:45 | 編集
すごーい!早速正社員の話があるなんてさすがringostarだね。
でも迷うよね。Mちゃんがお休みした時とかサポートが充実していたら安心だけどね。
やってみて分かることもあるからトライするっていうのもいいかもね。
青りんごdot 2008.06.20 09:04 | 編集
うーん、うちはそこまで充実してないかなあ。
というかそこまでして仕事をする意味があるかどうか、だよね。
今は優先すべきことがほかにあるからこのお話しはお断りすることにしたのー。
実際働いている方から、「小さい子がいるなら同居でないと難しいし、(今社会的に問題があるところで)渦中の栗だよー」と言われやめる決心がついたんだ。
ringodot 2008.06.22 15:53 | 編集
いやいや、単に人が足りてない職場だからだよん。
せっかくの話だけど、やっぱり今回は見送ることにしたよ。
ホントに大変みたいだし、そこ、2010年には機構としては解体しちゃうんだ~。
なので、またいい所があったら探したいと思います。
ringodot 2008.06.22 15:55 | 編集
うん♪
かなり柑橘系の香りで夏っぽい香りだよ。
これから湿度が激増する季節にはよい感じだよー。
唯一というか普段エステとかにも行ってないし、このくらいの贅沢ならいいよねー★
ringodot 2008.06.22 16:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。