--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.29

おなかが減る〜っ

薬の副作用か、もうおなかが減って減ってかなり辛いです〜〜〜〜っ。

snap_ringostarblog_201265233033.jpg

食べちゃえばいいじゃんと思いますが、食べたら落ちない。

身をもって知っているだけに今はなるべくサラダ、ヨーグルトを中心に食べています。

炭水化物を抜くとおなかが満足しないなあ、、、。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ダイエットしていた時のことを思い返すと、これは自分との戦いだと思うわけです。

女性の場合、生理前は水分を体が吸収するので、不向きな時期なんですが、

これ以上増やしたくないラインが自分で決まっていて、

今はおなかが減ったらヨーグルト食べてます。

あと、ブランフレークとか。

玄米もトライしようかなあ。

食べたあとの後悔、罪悪感って最悪です。

BMI的には痩せの部類ですが体脂肪で言うと平均よりかなり高い。

内蔵脂肪ですねぇぇ。

今は、食前にカロリミットを飲んでサプリは黒酢。

食欲をおさえたい〜〜〜〜。

今ならがっつり焼き肉、ごはん、デザート、がっつり行けちゃいそう。

運動しなきゃなー。

とにかく辛いの一言。。。

ホルモン剤の影響は恐ろしい〜。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:1
2012
06.26

最近は…

Category: Japan日々もろもろ   Tags:日々
最近主立ったこと。

Mac bookが壊れ、MacBook Proに買い替えたこと。

性能が良くなって、アホアホだった漢字変換が賢くなりました。

んでもって、iPhoneみたいにタッチパッドで指でページをスクロールしたり、

戻ったり、すごーく楽になりました♬

iPodの曲をiTunesに戻せなくなって、Appleのサポートに疑問を抱きましたが、

アメリカのサイトでPod to Pcというソフトをダウンロードして解決♡

20ドルでした。

2,000曲入った私のiPodは宝物です^^

今は快適なMacライフを送っております☆

そうなると、やっぱりiPhoneが欲しくなるな〜♡♥♡




Comment:0  Trackback:1
2012
06.05

おばあちゃん

おばあちゃんが6月1日の夜に亡くなりました。

82歳だったかな。

晩年はずっと介護施設にいて、歩けなくなり、寝たきりの状態で、胃ろうをしていました。

母は、祖母がやっと楽になれて、悲しみよりもほっとしたと言っていました。

それでも、やっぱりおかあさんは別格です。

これで、私の祖父母は全員他界してしまいました。

私は初孫であり、本当に色んなものを買ってもらったり、可愛がってもらったりしていました。

思い出すことは、小学生のころ、よく遊びに行くと、500円玉をくれて、

「これで好きなおかしを買っておいで〜」

とおこづかいをくれました。

当時の500円は今の1000円くらいかな?

みんなで湯河原の海に行って、帰りにアイス最中を食べたこと。

小田急ロマンスカーに乗ったこと。

引っ越しのとき、仙台まできてくれたこと。

おばあちゃん、おじいちゃんの家が好きでしょっちゅう行っていました。

江戸っ子の祖母は口が悪いので、何度か傷ついたこともありますが、しゃべり方なんですよね。

今ではいい思い出です。

幼い頃、いろんな旅行に連れて行ってくれたり、バレエを観に行ったり、楽しかった。

晩年は、たまにしか会えなかったけど、お正月とか、楽しかった。

祖母はギランバレエ症候群を煩っていて、うまく手が使えなかったり歩けなかったりで、トイレに行くのに転んでから、認知症の症状が出てくるようになってしまいました。

最期は母の顔も分からなかったそうです。

おばあちゃんには、本当に良くしてもらいました。

いい年して、「これで何か買っておいで」とおこづかいを渡されたり、私がイギリスに行く際も、

「次はいつ帰ってくるの?気を付けて」

って。

くだらないことで大笑いしたり、小さい頃から今まで、本当にお世話になりました。

おばあちゃんは、最期は呼吸ができなくなり、亡くなりました。

全身チューブで繋がっていたおばあちゃん

楽になれてよかったね。

おじいちゃんとふたり仲よくね。

先に亡くなったおじいちゃんは、おばあちゃんが心配で心配で、亡くなっていきました。

これで、また夫婦水入らずだね。

たくさんの愛情を生まれた時から与えてくれました。

「かわいい、かわいい」と言ってもらえて、自信に繋がったのはきっとおじいちゃんおばあちゃんのお陰です。

母をなくした、私の母が心配ですが、今は元気。

すべて終ったら喪失感が襲うのでしょう。

もし自分の母が亡くなったら、どうしよう。

私は母が大好きで、何かあったら必ず一番に相談して、アドバイスをもらっています。

母のことばを聞くと安心出来るから。

特に育児のことは夫より、母優先で聞いています。

母が居なくなったら、私はどうやって生きて行けばいいんだろう。

何かあれば、「おかあさん」と声を殺して泣いたりしてます・・・。

そこはやっぱり夫ではないんですよね。

母です。

いまだに信じられませんが、訃報は突然ですね。

親孝行、していかないと間に合わなくなってしまう。

みんなどうぞ健康でいてね。

おばあちゃん、ありがとう!
Comment:2  Trackback:1
2012
06.01

June

June...6月ですね。

ふと、ホームステイ先のママが、私の名前を発音出来ず、「June:じゅーん」と呼んでいたことを思い出しました。笑

話しは戻りますが、6月。June Bride,,,梅雨のはじまり。

1年の半分ですね。

娘にとって、キツい5月でした。

でも、私にとって、娘は本当に宝物だということをもの凄く実感しました。

娘が泣いたら、私も泣いてしまう。

我慢できないんです。

小さなこころで一生懸命踏ん張ってる娘がいとおしい。

泣いてる私に、「一緒に泣いてくれてありがとう」と気遣ってくれるやさしい娘。

絶対に私が守る。

必ずサポートするから、と娘に言いました。

みんな味方だよ。

娘が毎日しあわせで溢れますように。。。

母はあなたを応援しています☆

Comment:1  Trackback:1
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。