--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.05

LASIK1ヶ月半検診

2月末に手術した、レーシックの1ヶ月半検診がありました。

視力検査。眼圧測定。角膜検査。

視力はなんとドライアイが治りつつあり、右目1、5。左目2、0まで回復しました。

こんなに見えていいの?

見えすぎて目が追いつかない感じ^^

そのあと、瞳孔を開きっぱなしにする目薬を入れて眼底検査も行いました。

15分もすると、手元が何も見えなくなります。

光の調節をする瞳孔が開きっぱなしになると、光の調節ができず、遠方は見えるものの、携帯なんて全く見えなくなりました。

そして、眩しい。

結果、目指していた視力に戻りました^^

目薬をもらって(買って)帰宅。

全部保険が効かないので10割負担で、お財布には優しくないですが、良く見えることと経過観察も必要なので、

術後3年は通うようになります。

でも、0、01から2、0の世界。

裸眼で見える世界。

この感動は伝わるかな。

コンタクトのカユミや痛みとさよなら出来る喜び。

もうプールや海で目を開けていいとのお許しも出ました☆

LASIKは危険もありえますが、信頼できる医師の元でなら、ぜひおすすめします

本当に快適です。

プライスレスです

受けさせてくれた旦那さんに感謝です

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2012
03.10

視力回復♪

あまりにもドライアイが進行し、右目の視力が0、4まで落ち、執刀医の病院に定期的に通うように言われました。

こちらは保険診療なので、ありがたいです。

指示された「ジクアス」というドライアイ用の目薬と「ヒアレイン」を2時間おきにさしています。

おとといが診療日で、ドライアイの回復が難しいようなら、涙点プラグを入れる事になっていました。

そして、また視力検査。

出てなかったら嫌だな~と毎回緊張します。

な、なんと、右目の視力が1、2まで戻っていました!!

角膜の検査と眼圧測定、涙量の検査をし、診察。

先生に、「目の表面が綺麗になってきているし、視力が出て来ているからプラグは必要ないよ」というお言葉。

ほっとしました。

両目とも、近いところも遠いところも1、2を維持しています。

元々は0、01で乱視の強かった私の目が裸眼で1、2なんて、小学生以来かもです。

執刀してくれた先生に感謝とともに、毎日欠かさず目薬をさして視力のKEEPをしていきたいと思います。

次は、1ヶ月検診です。

眼鏡や、レンズなくして見える事の喜び。

嬉しいです☆

Comment:0  Trackback:0
2012
02.26

LASIK手術当日 Part1

忘れないうちに記載しておきます。

2月25日(土曜)、LASIK手術当日。

レーザーに影響があるからと、香水やモヘアーなどのウールの衣類は禁止。

もちろんスッピンで。

夫に付き添ってもらいました。

病院に行くと、また視力検査やコントラストの検査、屈折率の検査。

そのあと、左胸に名前を貼られて受付で待ちます。

緊張をほぐす薬と、抗生剤を飲まされました。

そのあと、薬のせいか眠くなりました。

そのせいか恐怖感はあまり感じませんでした。

土曜日の手術はひと月に1度なので、結構な患者さんがいました。

しばらくして、名前を呼ばれて、目のまわりの消毒などをして麻酔点眼薬を2種類くらいさしました。

そのまま目を瞑って10分後、手術室へ。

手術室には4、5人の看護士さんと医師。

大きい機械が2つ見えました。

すぐに横にされて、早速機械が目の前に。

うぅ、段々緊張してきました。。

赤く点滅している箇所があって、ここを注視するようにと指示されました。

その後、目の中にリングのような、瞼が閉じないようにする器具を入れます。

これが、思いのほか痛くて、目をしばしばさせてしまい、医師に「緊張しないでください」と言われました。

緊張するなという方が無理な感じでした。(涙)

最初に下に目をむけてリングを入れ、次に上目にして装着。

もう完全に目の大半が露出しています。

そのあと、テープで固定。

こんなかんじ。

cap.jpg

そのあと、第1レーザー照射。

赤い点をずっと見続けるのはなかなか困難。。

目を押される感じがしてあまりいい気持ちではなく、段々視界がぼやけていきます。

フラップを作成するレーザーで、角膜の表面に切り込みを入れる照射。

片目約15秒くらいでした。

赤い点滅がどんどんぼやけて行き、途中途中に目薬を投入。

蒸留水も入れられました。

この時点で、脱力してしまいました。

痛みは全くないものの、「怖い、早く終って欲しい」と思いました。

途中途中、医師が

「いい感じです。その調子」

と声をかけてくれます。

目が動くと、レーザーが自動的に止まるようになっているようで、

「動かさないで」

と注意されます。

なかなか一点を見る事は私には難しかったです。

・・・長くなるので今日はこのへんで。


つづく。




Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。